慶應義塾大学 SFC Open Research Forum 2019にて研究発表

慶應義塾大学SFCの研究成果発表会であるOpen Research Forum 2019にて、ブロックチェーン・ラボのブース内で弊グループの研究を発表しました。 ご来場いただいた方々はありがとうございました。

  • 慶應義塾大学 SFC Open Research Forum Webサイト: ORF2019 Blockchain Lab.
  • ポスタータイトル
    • Karakasa: 分散ハッシュテーブルを用いたブロックチェーンストレージの負荷分散
    • Fabchain: ログを不変に記録するブロックチェーン上での3D プリントリクエスト
    • Hauberk: アプリケーション毎にアセット定義可能なネイティブアセットのないブロックチェーン
    • BitcoinとEthereumにおけるSchnorr署名の効果検証
    • 地理的分散システムのためのステージング環境の設計と構築

ORF2019

Avatar
Bcali Group
BlockChain as Advanced Layer of the Internet

We research on Blockchain and Distributed Systems. From the standpoint of academia, the research of applications not bounded by virtual currency is a matter of considerable urgency. To realize this endeavor, we need to pursue research on 1) verify blockchain technology’s safety & stability and develop related software, 2) construct verification foundations with development in various application fields, and 3) build a research network among global academia.